愛知知事、市長発言は違憲の疑い

少女像展示巡り批判

©一般社団法人共同通信社

 愛知県の大村秀章知事は5日の記者会見で、同県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」での「平和の少女像」などの展示中止を河村たかし名古屋市長が求めたことに関し、「表現の自由を保障した憲法21条に違反する疑いが極めて濃厚ではないか」と批判した。

 少女像は企画「表現の不自由展・その後」の一つとして出品された。実行委員会は3日、「テロや脅迫ともとれる抗議があり、安全な運営が危ぶまれる状況」(知事)として開催中止を決めた。

 河村市長も5日記者会見し、知事の批判について「最低限の規制は必要。(少女像は)日本人の心を踏みにじるものだ」と反論した。