平野氏、無投票再選か 大槌町長選あす告示

©株式会社岩手日報社

 任期満了に伴う大槌町長選は6日、告示される。無所属で再選を目指す現職平野公三氏(63)のほかに立候補の動きはみられず、2003年以来16年ぶりの無投票当選の可能性が濃厚となっている。

 平野氏は3月、町議会本会議で「復興の総仕上げと第9次総合計画の実施に向け、責任を果たしたい」と出馬を表明。公約に▽産業振興と町民所得の向上▽交流人口の拡大-などを掲げる。後援会(阿部山恵造会長)を軸に活動し、政党への支援要請はしない。

 立候補の届け出は6日午前8時半から午後5時まで町役場で。選挙戦となった場合、投票は11日午前7時から午後6時まで13カ所で行い、同7時半から同町小鎚の城山公園体育館で即日開票する。当落判明は同9時ごろの見通し。

 7月3日現在の有権者数は1万399人(男4946人、女5453人)。