九州では暴風・高波・土砂災害などに厳重警戒

©株式会社ウェザーマップ

5日午後6時現在、台風8号は四国の南の海上を西寄りに進んでいます。この台風は、6日未明から明け方にかけて九州南部に上陸する見込みです。

九州南部では、6日にかけて猛烈な風が吹き、海上は猛烈なしけとなるでしょう。また、九州北部や四国でも非常に強い風が吹き、大しけとなる見込みです。そして、局地的には猛烈な雨が降り、大雨となる予想です。暴風や高波、土砂災害、低い土地の浸水などに厳重に警戒してください。

一方、東日本から北日本では、6日も晴れて厳しい暑さが続くでしょう。

今後、台風9号が、週の後半にかけて先島諸島に接近する見込みです。
引き続き、最新の台風情報に注意してください。

気象予報士・原田 雅成

画像について:5日午後3時の台風8号の位置と進路予想。