政府、韓国の竹島訓練方針に抗議

「強く中止を求める」

©一般社団法人共同通信社

 日本政府は、韓国軍が島根県・竹島の防衛を想定した合同訓練を8月中に検討しているとの韓国メディア報道を受け、韓国政府に外交ルートを通じて抗議した。4日付。「極めて遺憾で強く中止を求める」と伝えた。外務省が5日、明らかにした。

 外務省によると、訓練は毎年、駆逐艦や哨戒機を動員して上半期と下半期に1回ずつ行われている。報道によると、今年は当初6月の予定が日韓関係への影響を考慮して見送られたが、日本の一連の対韓輸出規制強化措置を踏まえ、これ以上延期する必要はないとの意見が韓国側で大勢を占めているという。