海賊版サイト対策、警告方式困難

「通信の秘密」抵触懸念

©一般社団法人共同通信社

 海賊版サイト対策を検討する総務省の有識者会議は5日、接続時に利用者側の画面に警告を示す「アクセス警告方式」実施について、憲法で定める「通信の秘密」に抵触する恐れがあり困難とする報告書案を取りまとめた。今後はパソコンやスマートフォンに設定する「フィルタリング方式」といった端末側の対策強化を求める。

 インターネット上の海賊版サイトには漫画や書籍、映画などが著作権者の了解を得ないまま掲載されている。商品の売り上げ減につながるため出版業界などから規制を求める声が上がり、政府は昨年から海賊版への接続をネットワーク側で制御する検討を進めたが具体策は打ち出せなかった。