岡山大、新たな工学部開設へ 環境理工と統合、定員610人

©株式会社山陽新聞社

岡山大津島キャンパス

 岡山大は5日、工学部と環境理工学部を統合し、2021年4月に新たな工学部として開設する方針を発表した。幅広い視野を持ち、AI(人工知能)など革新的技術で社会課題の解決に寄与する人材を育てる。募集定員は既存2学部の合計と同じ610人を予定しており、中四国地方で最大の工学部となる。

 既存の2学部はいずれも4学科あるが、新工学部は「総合工学科」のみとし、その下に機械システム▽環境・社会基盤▽情報・電気・数理データサイエンス▽化学・生命―の四つの系(計10コース)を設ける。2学部の教職員は新工学部に所属する見込み。

 このうち、情報・電気・数理データサイエンス系は、急速に進展するAIやビッグデータ、IoT(モノのインターネット)に関する教育を強化する。環境・社会基盤系の都市環境創成コースは、1級建築士の受験資格が得られる教育プログラムをつくる。入試は系ごとに行う。

 現在の工学部は1960年創設で定員460人。環境理工学部は94年に国立大で初めて「環境」を冠する学部として設置され、150人の定員枠を持つ。

 記者会見した岡山大の高橋香代理事(企画・評価・総務担当)は「社会のイノベーションを起こし、世界的にも重要なSDGs(持続可能な開発目標)を達成するために教育内容を見直す必要があった」と話した。

 同大は今後、文部科学省に学部再編の承認を得るための手続きを進める。