台風8号 火曜明け方に宮崎県に上陸へ 暴風や大雨災害に警戒

台風9号の進路予想 10号も発生へ

©株式会社ウェザーマップ

 日本列島に接近中の台風8号はまだ発達を続けていて、火曜日明け方までに強い勢力を維持したまま宮崎県に上陸するとみられる。その後は夕方にかけて九州を北上していく見込みで、大雨や暴風に警戒が必要だ。

大雨 九州や四国は火曜日は大雨に

 九州南部や四国では、台風本体の活発な雨雲がかかり始めている。台風は比較的ゆっくりと九州を進むため、少なくとも火曜日いっぱいは大雨に警戒が必要だ。火曜日に予想される雨量は、九州と山口県、四国で300ミリ。
 また、宮崎県や高知県では、台風がさらに北上していった後、水曜日にかけても湿った空気の影響で大雨が続くおそれがあり、四国では水曜日に50~100ミリの雨量が予想されている。
 土砂災害や河川の増水などに警戒が必要だ。

【週後半は北海道でも大雨に警戒】
 台風8号は北上を続け、木曜日までには日本海で熱帯低気圧に変わる見込みだ。その後、北海道に近づくとみられるため、こちらでも大雨に警戒が必要になる。

暴風・高波 猛烈な風・猛烈なしけのおそれ

 特に台風が上陸して衰える前に影響を受ける九州南部では、最大瞬間風速50メートルの猛烈な風が吹くおそれがある。海も大荒れで、九州南部では9メートル、九州北部や四国では7メートルの波が予想されている。高潮にも警戒が必要だ。

台風9号は木曜日に先島諸島付近へ 台風10号も発生へ

 フィリピンの東にある台風9号は、今後発達しながら北上し、木曜日には沖縄の宮古島・石垣島周辺に進むとみられている。こちらも最新の情報をこまめに確認する必要がある。

 小笠原諸島のさらに南のマリアナ諸島付近には、また別の熱帯低気圧があり、今後24時間以内に台風へと発達する予想となっている。週末以降に影響が出るおそれがあるため、注意が必要だ。