台風8号、大分県内に6日朝から昼前にかけて最接近【大分県】

©有限会社大分合同新聞社

JR大分駅の改札口に掲示された台風8号接近に伴う運休の案内=5日午後、大分市

 強い台風8号は暴風域を伴って日本の南海上から西日本に接近し、6日には九州に上陸、縦断する恐れがある。大分県内は5日夕方に強風域に入り、6日朝から昼前にかけて最接近する見込み。気象庁は暴風、土砂災害、浸水、河川の増水・氾濫、高波に厳重な警戒を呼び掛けている。潮位が高い時期のため、高潮にも注意が必要だ。また、6日にかけて九州の空港を発着する空の便を中心に欠航が相次ぐ見通し。 

 気象庁によると、台風8号は5日午後9時現在、高知・足摺岬の南約170キロを時速約25キロで西北西に進んだ。中心気圧は970ヘクトパスカルで、最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。中心から70キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。九州南部に上陸した後は進路を北寄りに変え、6日昼すぎにかけて九州を抜け、夜には朝鮮半島に達する見通し。

 県内で6日に予想される最大風速は海上が20~23メートルで、陸上は15メートル。最大瞬間風速は30~35メートル。予想雨量(1時間)は多い所で、中部、西部、南部で70ミリ、北部で50ミリ。同日午後6時までの24時間では、南部で300ミリ、中部と西部で250ミリ、北部で200ミリ。

 台風通過後も西日本の太平洋側を中心に暖かく湿った空気が流れ込むため雨が降り続き、総雨量が多くなる恐れがある。