10月の大村市長選 園田氏が再選出馬表明

©株式会社長崎新聞社

 大村市長の園田裕史氏(42)は5日、市役所で会見し、任期満了に伴う同市長選(10月20日告示、同27日投開票)に再選を目指し無所属で立候補することを明らかにした。同市長選に出馬を表明したのは園田氏が初めて。
 園田氏は、待機児童解消や新市庁舎建設、九州新幹線長崎ルートのフル規格化などを2期目の課題として挙げた。「4年前の市長選で示したマニフェスト(公約集)の中には実現できなかったものもある。次の4年間で市民や議会の声を聞きながら進めていきたい」と述べた。
 園田氏は同市議だった2014年、市長選に出馬したが落選。翌15年4月の市議選で当選したが、当時の市長の死去に伴い同年11月の市長選に立候補し、初当選した。