そごう大宮前にEXILE松本利夫さん登場、演歌歌手の伍代夏子さんも 通行人に詐欺注意呼び掛け

©株式会社埼玉新聞社

「家族で合言葉を決めて被害を防ぎましょう」と話す伍代夏子さん(左)と松本利夫さん=5日午後、さいたま市大宮区のそごう大宮店前

 特殊詐欺の被害に注意を呼び掛けようと、埼玉県警生活安全総務課と大宮署は5日、さいたま市大宮区で特殊詐欺被害防止キャンペーンを行った。スペシャルゲストとして演歌歌手の伍代夏子さんと人気ダンスボーカルユニットEXILEの松本利夫さんが登場し、「家族の絆を深めて被害を防ぎましょう」と通行人らに啓発品を手渡した。

 キャンペーンはさいたま市大宮区のそごう大宮店前などで実施。伍代さんと松本さんは、特殊詐欺の被害防止のために芸能人らで結成された団体「ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~」の一員で、トークイベントを開催した。

 松本さんは「『私は大丈夫』という人がだまされることが多い。いつ被害に遭うか分からないという心構えを持ってほしい」と話し、伍代さんは「知らない人にはお金やカードを見せない、渡さない。だまされない都道府県1位を目指しましょう」と呼び掛けた。

 トークイベント後には商店街「大宮一番街」に移動。特殊詐欺の手口や対策が書かれたチラシなどの啓発品を近隣の店舗や通行人らに直接手渡した。伍代さんらは在宅時でも留守番電話に設定することなどを説明し、受け取った人は熱心に耳を傾けていた。