前澤社長もビックリ!? パガーニ 約3億8000万円の限定モデルを公開

©オートックワン株式会社

前澤社長もビックリ!? パガーニ 約3億8000万円の限定モデルを公開

パガーニが限定版モデルを発表

パガーニが2019年8月18日に開催される「第69回 ペブルビーチコンコースドゥリーガンス」で、パガーニ史上もっとも高価な限定版モデル「Huayra Roadster BC(ウアイラ ロードスター BC)」を展示、公開する。

約3億8000万円のスーパーカー

前澤社長もビックリ!? パガーニ 約3億8000万円の限定モデルを公開

2019年7月31日に、ジンガ(Zynga)社が展開するモバイル用ドラッグレーシングゲームのCSR Racing 2(CSR2)内でウアイラ ロードスター BCが紹介されアプリでプレビューされた。

今回はペブルビーチコンコースドゥリーガンスで初めてオフィシャル公開される。

その価格は邦貨換算にて約3億8000万円というプライスタグ掲げられ、ワンオフではないクルマとしては相当に高価な部類になる。

想像を絶する800馬力、1.9G

前澤社長もビックリ!? パガーニ 約3億8000万円の限定モデルを公開

ウアイラ ロードスター BCに採用されるエンジンはAMGから供給を受けた6リッターV12ツインターボで、出力は800馬力。これはクーペ版のウアイラBCに比較しても11馬力高い出力となり、その価格を正当化する要素の一つでもある。

ウアイラ ロードスター BCは、オープンモデルにも関わらずクーペよりもスパルタンということになるが、パガーニいわくコーナリング時における横方向のGは最大1.9である。

市販車でもっとも高いレベルのGを誇るとされるブガッティ・シロンは1.5Gということを考えると、ウアイラ・ロードスター BCの数値はそれ以上と言えるレベルである。

そのスタイリングは、ゾンダの正常進化と呼べるもの。エアロダイナミクス性能を磨き上げるとともに、カーボンとチタニウムを組み合わせたモノコックフレームを新開発して車両重量は1250kgに抑えられた。

主なスペック

前澤社長もビックリ!? パガーニ 約3億8000万円の限定モデルを公開
前澤社長もビックリ!? パガーニ 約3億8000万円の限定モデルを公開

■エンジン:パガーニV12 60度36バルブ

■排気量5980cc メルセデスベンツAMG製ツインターボチャージャー

■最大出力:590kW(802PS)/5900rpm

■最大トルク:1050Nm/2000〜5600rpm

■トランスミッション:リアホイールドライブ

■ギアボックス:Xtrac AMT 7速ギアボックス エレクトリック・メカニカル・ディファレンシャル

■ブレーキ:4輪ベンチレーティッドブレンボ製CMMディスクブレーキ フロント398x36 mm一体型6ピストンキャリパー、リア380x34 mm一体型4ピストンキャリパー

■ホイール:APP製鋳造一体型アルミニウムホイール フロント20インチ、リア21インチ

■タイヤ:ピレリ製P Zero Trofeo R:フロント 265/30 R20; リア 355/25 R21

■サスペンション:アルミニウム合金鋳造 独立ダブルウォッシュボーン コイルスプリング 電子制御ショックアブソーバー

■シャシー:パガーニ製Carbo-Titanium HP62 G2 及びCarbo-Triax HP62 モノコック フロント、リア 鋼管サブフレーム

■車両重量:1250kg

■40台限定生産