郵便土曜配達、来年廃止へ

人手不足、宅配便は維持

©一般社団法人共同通信社

郵便サービスの見直しを議論する総務省の有識者委員会=6日午後、東京都千代田区

 総務省の有識者委員会は6日、郵便サービスの見直しに関する議論の取りまとめ案を了承した。普通扱いの手紙やはがきなどの郵便物は、土曜日配達を取りやめる制度変更が必要だと明記した。インターネットの普及、人手不足といった社会環境の変化が背景にあり、総務省は早ければ、秋の臨時国会で必要な法改正を目指し、来年にも廃止となる見通し。宅配便のゆうパックは土曜配達を維持する。

 現在、1週間につき6日以上と定められている郵便物の配達について、日本郵便は労働環境の改善などのため「週5日」とするよう要望。早期の制度見直しを求めており、実現すれば配達は平日のみとなる。

年賀状配達のセレモニーで、郵便局を出発する配達員=1月1日、東京・日本橋