台風8号、大分県内1人死亡【大分県】

©有限会社大分合同新聞社

 大分県警などによると、台風8号が県内に接近した6日午前9時55分ごろ、「父親が九重町野上の池の水源を見に行ったまま帰ってこない」と、家族から110番通報があった。捜索中の親族が、川に浮いているのを見つけた。

 男性は由布市湯布院町の50代男性とみられる。九重町内の病院に運ばれ、同11時40分ごろに死亡が確認された。