ことしの夏は台風よりも富士急ハイランドがやばい! 激流下り「ナガシマスカ」が容赦なし水量アップでずぶ濡れマスト

©株式会社エキスプレス

All Photos by FujiQ

いやそれにしても、どこ行っても暑い。暑いっていうか、呼吸が苦しいほど重くて湿った熱気が身体にのしかかる感じ……こりゃもう、水浴びしたいプール行きたいって、誰だって思うよね。

こうなったら、ことしの夏は富士急ハイランド! 水着の代わりにレインコート着てあの激流下りアトラクションを試して!

富士急ハイランドは、これまで400万人以上をずぶずぶびっしょ濡れにしてきた激流下りアトラクション「ナガシマスカ」を、さらに水量増し増しでパワーアップ。

地上18mから一気に激流を下るラフティングライドで、ほとんどの人がレインコートを着て乗車するびしょ濡れ必至アトラクション。

今回リニューアル、コース内のいたるところから大量の水が噴き出し、そのシンボル 総金箔張りの巨大夫婦招き猫の口から毎分300リットルもの放水がジャーッ! 猫の足元からは高さ10mを超えるスプラッシュ噴水や、ライドをめがけて高さ7mの弧を描くアーチ噴水がバコーン!

―――どうする? プールにする? 海にする? バスや電車が直行する富士急ハイランドにする?

夏の富士山を間近にみながら、絶叫して、絶叫して、絶叫して、バシャーン! もいいかもよ。

tokyochips編集部