昆虫食の魅力紹介 コオロギ入りソフトクリーム 長崎で9月1日にイベント

ご当地アイドル「MilkShake(ミルクセーキ)」とコラボ

©株式会社長崎新聞社

コオロギ入りのソフトクリームを持って昆虫食をPRする「MilkShake」のメンバーら=県庁

 おやつにコオロギはいかが-。長崎市築町のメルカつきまちで、9月1日午前11時半から「第1回チキチキ昆虫食まつり」(同実行委主催)が開かれる。主催者らが6日、県庁で会見を開き、昆虫食の魅力をPRした。
 昆虫食を巡っては、2013年に国連食糧農業機関(FAO)が食料危機の解決に活用を推奨する報告書を発表。豊富な栄養が摂取できるとして世界で注目されている。1年ほど前、タイで昆虫食に出合ったという諸岡龍明実行委員長が、サブカル・ポップカルチャーを絡めたイベントを企画した。
 この日は長崎のアイドルグループ「MilkShake(ミルクセーキ)」が恐る恐るコオロギ入りのソフトクリームをPR。諸岡実行委員長は「10種類の昆虫が素揚げやパスタ、ソフトクリームなどで味わえる。ぜひインスタ映えする写真を撮ってほしい」と来場を呼び掛けた。
 イベントは午後4時まで。入場料は大人500円、中高生300円。小学生以下とコスプレでの参加は無料。昆虫食は500~1100円。MilkShakeによるステージも。問い合わせは同実行委(電0956.59.7876)。