「劇場版 FFXIV 光のお父さん」がBronze Audience Award for Best Asian Film賞を受賞!

©株式会社イクセル

6月21日より全国公開中の「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」。今回、本映画がカナダで行われた第23回ファンタジア国際映画祭にて、観客の人気投票による「Bronze Audience Award for Best Asian Film」を受賞したことが発表された。

この度本作がカナダで行われた第23回ファンタジア国際映画祭にて、観客の人気投票による「Bronze Audience Award for Best AsianFilm」を受賞致しました!!

昨年度は「カメラを止めるな」が「Silver Audience Award for Best Asian Film」を受賞し、話題になったファンタジア国際映画祭ですが、今年は7月11日から8月1日まで開催され、先月行われた上映の際には本作のゲームパートを担当した山本清史監督も現地に赴き、ティーチインイベントにも参加。海外の観客の反応を直で感じました。そんな山本監督、そして実写パートを担当した野口監督より喜びの声が到着いたしました。

「光のお父さん」という、自分にとっても思い入れのある作品が、目の肥えた北米の映画ファンの皆さんにもしっかりと受け入れられ、喜んでいただけたことを率直に嬉しく思います。

原作者のマイディーさんがブログに綴っていた思いが、書籍となり、ドラマにもなり、やがて映画という形になり、ついには海外の人々の心まで動かしてしまう。あらためて、⼀人の人間の心の中から生まれる熱量の力強さに感動を覚えます。

原作ブログに込められていた熱量をなるべく逃さぬように、全スタッフ・キャストが大切に懸命に作り上げたこの作品が、今回の受賞を機に、さらに国内・海外の⼀人でも多くのお客さまに届くことを願うばかりです。

遠くカナダの地から素晴らしい報せが届きました。観客賞というご褒美をいただけたこと、本当にうれしく思っております。この作品を上映できてハッピーだと、熱意を込めて語ってくれた映画祭のスタッフさんたち。そして遥か異国の地までこの作品を売り込んでくれた配給会社のスタッフさんたち、それからこの作品に携わったすべての方々に感謝すると同時に、まるで我がことのようにこの作品を応援してくれた日本の観客の皆様にも、あわせて御礼申し上げます。

ぼくはクソ暑い日本を抜け出したくて、片道12時間かけ、モントリオールまで「光のお父さん」の魅力を伝えに行ったのですが、なんとカナダも日本同様に暑苦しく、少し後悔したのも、今となってはいい思い出です。上映中に印象的だったのは父親の暁役を演じた、吉田鋼太郎さんのお芝居に何度も爆笑が起き、場内が揺れるほどの歓声が上がっていたことです。その空気を肌で感じたぼくは、そうしたお芝居を引き出した野口監督はもはや世界規模だな…と、人のことなのに勝⼿に感動していました。

もちろん吉田さんのみならず、坂口健太郎さんをはじめとしたキャストの皆さんの化学反応が、父と息子の絆とか、家族の温かさとか、どこか気恥ずかしくてまっすぐには描きづらい、シンプルながらも普遍的なテーマを骨太にしてくれたのでしょうし、我々エオルゼアパートも、CGではない、ただのゲームプレイ画面が、映画として物語を伝えるツールになるのだと世界に知らしめられたことは本当に価値のあることだったと思います。

ある映画祭のスタッフが「ゲームはどこかでネガティブに表現されることが多いが、この映画は100%ポジティブだ。こんな映画は見たことがない」と言ってくれたのが本当に心にしみました。またある観客は「レディ・プレイヤー1より好きだ」と言ってくれました。とても勇気が出ました。

現実の世界にはガンダムはいません。でも、オンラインゲームはある。オンラインゲームを通じて、この世界では今日もどこかで誰かと誰かがつながり、話し、親睦を深めている。その素晴らしさがより多くの人に届きますように、願ってやみません。

(C)2019「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお⽗さん」製作委員会 (C)マイディー/スクウェア・エニックス