レッズが5本塁打の一発攻勢で勝利 大谷は代打で四球

©MLB Advanced Media, LP.

【エンゼルス4-8レッズ】@グレートアメリカン・ボールパーク

レッズは、3点ビハインドの1回裏に2本のアーチで同点に追い付くと、4回裏にはアリスティデス・アキーノの2号ソロなどで3点を勝ち越し。その後はタッカー・バーンハートの2本塁打で加点し、8対4でエンゼルスを破った。レッズ先発のアンソニー・ディスクラファーニは、2本塁打を浴びるなど6回途中4失点で降板したものの、打線の援護に恵まれて今季7勝目(6敗)をマーク。一方、エンゼルス先発のホゼ・スアレスは、3本のアーチを浴び、5回6失点で今季3敗目(2勝)を喫した。なお、エンゼルスの大谷翔平は、この日もベンチスタート。8回表二死一・二塁のチャンスに代打で登場し、四球を選んだ。

1回表にジャスティン・アップトンの6号3ランでエンゼルスに先制を許したレッズは、直後の1回裏に反撃を開始。エウヘニオ・スアレスの30号ソロ、ホゼ・イグレシアスの8号ソロと2本のアーチが飛び出し、一気に同点とした。4回裏にはアキーノの2号ソロ、ディスクラファーニとニック・センゼルのタイムリーで3点を奪い、勝ち越しに成功。5回表にマイク・トラウトの38号ソロで1点を返されたが、バーンハートが6回裏に7号ソロ、8回裏に8号ソロと2打席連続の一発を放ち、エンゼルスを突き放した。4番のアキーノは2号ソロを含む3安打の活躍。イグレシアスとバーンハートも2安打2打点でチームの勝利に貢献した。