政界でいち早く進次郎&滝クリ祝福? 玉木代表がツイートした理由

©株式会社ジェイ・キャスト

自民党の小泉進次郎・衆院議員(38)とタレントの滝川クリステルさん(41)の結婚発表は、政界でも驚きをもって受け止められた。

国民民主党の玉木雄一郎代表は表情を崩しながら祝福の言葉を贈っていた

いち早く反応したとみられるのが、国民民主党の玉木雄一郎代表だ。発表の10分後にはツイッターで祝福のメッセージを発信。その直後に予定されていた定例記者会見では、会見場に入ってくるなり、演台につく前に「おめでとうございます」。表情を崩しながら祝福の言葉を贈っていた。

会見の10分後には祝福ツイート

2人の結婚発表のぶら下がり会見は、2019年8月7日13時45分頃から約10分間にわたって行われた。玉木氏は13時58分に

「小泉進次郎さんと滝川クリステルさんが結婚とのこと。さらに妊娠おめでたとの情報も。おめでとうございます。お幸せに!」

とツイート。

その2分後の14時から予定されていた記者会見では、会見場に入るなり「おめでとうございます」とコメントした。政党党首の記者会見では、会見者が部屋に入ってから演台の前に立つ間に記者がICレコーダーを演台の近くに置き、冒頭発言に入るのが一般的だ。

この「通例」からすると、玉木氏の「おめでとうございます」のコメントは前のめりだともいえ、記者からは「早すぎます!」「冒頭(発言)でお願いします!」と仕切り直しを求める声もあがった。

「以上です」に記者席からは笑いが...

そこで、玉木氏は改めて

「大変おめでたいニュースで、心から祝福をしたいと思います。私も(09年)当選同期ですから、色々な形で交流させてもらってきましたけれども、明るいニュースということで、祝福したいと思います」

などと祝福の言葉を贈った。通常、冒頭発言では複数の政策課題について言及がある。だが、玉木氏が次に口にしたのが「以上です」。結婚の話題だけで冒頭発言が終わってしまったかの様子に記者から笑いが起こると、玉木氏は思い出したかのように、内閣府が発表した6月分の景気動向指数に言及。表情も厳しくなって

「『不景気よこんにちは』と、日本の経済が下降局面に入ってきている」

などと話した。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)