浅間山が小規模噴火

気象庁、レベル3引き上げ

©一般社団法人共同通信社

気象庁がホームページで公開している、噴煙を上げる浅間山の監視カメラ画像=7日午後10時9分

 7日午後10時8分ごろ、浅間山(群馬、長野県)の山頂火口で小規模な噴火が発生した。噴煙の高さは火口から1800メートルを超えた。気象庁によると、噴火は2015年6月以来。気象庁は噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から3(入山規制)に引き上げ、山頂火口から約4キロの範囲で大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、火口から200メートル程度まで大きな噴石が飛んだとみられる。噴火は約20分間続いた。噴火警戒レベル3の対象となる自治体は群馬県は嬬恋村、長野県は小諸市、軽井沢町、御代田町。