奈良の飛鳥京跡苑池に流水施設

7世紀、天皇の祭祀用か

©一般社団法人共同通信社

飛鳥京跡苑池で見つかった流水施設。左上が階段状の護岸、右上の石組みの中に湧き出た水が切り石を敷いた溝を流れる=8日、奈良県明日香村(共同通信社ヘリから)

 飛鳥時代(7世紀)に造られた日本最古の本格的庭園とされる飛鳥京跡苑池(奈良県明日香村)で湧き水を利用した流水施設が見つかり、県立橿原考古学研究所が8日、発表した。石組みの中に湧き出た水が、大規模な石敷き区画の中に設けられた溝を流れる構造で、天皇が祭祀などで使う重要な空間だった可能性が高い。

 苑池は天皇の宮殿があった地区に隣接し、北池と南池がある。女帝・斉明天皇の時代に築かれ、息子の天武天皇が改修したとされるが、北池の機能はよく分かっておらず、南池の水量調整などを行う付属的な池と考えられていた。階段状の護岸も見つかった。