「アマゾンズ」谷口賢志、仮面ライダージオウへの出演を「ずっと待ってんだけど...」

©株式会社ジェイ・キャスト

「仮面ライダーアマゾンズ」でアマゾンアルファ/鷹山仁役として出演していた谷口賢志さんが、2019年8月25日に最終回を迎える「仮面ライダージオウ」に、「アマゾンズ」のライダーがいまだ出演できないことについて、ジョーク交じりに「悲しむ」ツイートを投稿した。

谷口賢志さんのツイート。「嘘だろ……?」とショック?

もし出演したら「子供達が泣いてしまうから...」

「仮面ライダージオウ」は、平成仮面ライダー20周年記念作品として製作された特撮ドラマで、クウガ~ビルドまでの仮面ライダーたちがレジェンドライダーとして登場。当時の番組に出演した俳優もゲスト出演しており、劇場版には「仮面ライダー電王」で野上良太郎を演じた佐藤健さんが出演したことで話題となった。

平成仮面ライダーのラストを飾る「ジオウ」も8月25日に最終回を迎え、9月1日からは令和初の仮面ライダーとなる「仮面ライダーゼロワン」がスタートする。そのことについて、アマゾンプライムビデオ用に製作された異色の特撮シリーズ「仮面ライダーアマゾンズ」でアマゾンアルファ/鷹山仁役を演じた谷口さんが、「#伝説のヒモジョーク」というハッシュタグとともに、

「嘘だろ......?『仮面ライダージオウ』最終回近いの?あそこでずっと待ってんだけど......。」

と、「仮面ライダーアマゾンズ」に登場するライダーであるアマゾンアルファなどが同作に登場しないまま終わりそうなことを嘆いた。

このツイートを見たファンたちからは

「仁さん、ニチアサです」
「映画も出番なかったですもんね...」
「子供達が泣いてしまうから...」

など、大人向けの作風というその特殊性から出演が困難であることに同情するツイートが寄せられた。