都心上空飛行 千葉の騒音軽減に期待

©千葉テレビ放送株式会社

都心上空飛行 千葉の騒音軽減に期待

 羽田空港の機能強化に向けて来年3月から都心上空を通過する新たなルートの運用が決まりました。森田健作知事は「千葉県の騒音影響が軽減するものと受け止める」とし、歓迎する考えを示しています。
これは8日、石井啓一国土交通大臣が明らかにしたもので、来年3月29日の夏ダイヤから都心上空を通過する新ルートの運用を始めるということです。
新ルートの運用で羽田空港の発着回数は年間で3・9万回増えるとされ、東京オリンピック・パラリンピックの開催に合わせて高まる航空需要に対応する狙いがあります。
この発表に対し森田健作知事は「千葉県の騒音影響については、現在よりも軽減するものと受け止める」と都心上空ルートの運用を歓迎。
その上で「今後も住民への詳細な説明と積極的な情報公開に努め、一層の騒音軽減に取り組んでいただきたい」と要望しています。
羽田空港を利用する航空機の騒音を巡り、県や関係自治体で構成する連絡協議会はこれまで、騒音の負担軽減と首都圏全体での騒音の共有を求めてきました。
これに対し国は、羽田空港の機能強化に伴い千葉県内の飛行する便数は増加するものの、都心上空のルートの運用や東京湾を通過するルートの利用を増やすことなどで千葉県の騒音影響を軽減できると説明しています。