「守りで崩れないこと、大前提」 初陣の沖縄尚学・比嘉公也監督に聞く

©株式会社沖縄タイムス社

 5年ぶりに夏の甲子園に出場し、9日の第3試合で習志野(千葉)との初戦に臨む沖縄尚学の比嘉公也監督に意気込みを聞いた。

 ―習志野の印象は。

 「自滅しないなと。投手で言うと、向こうに分がある。相手のしつこい野球に対し、うちの投手陣がいかに粘れるか。投手を中心に守りで崩れないことが勝利の大前提かなと思う」

 ―警戒する選手は。

 「投手陣。相手もうちらの打線を見て決めるタイプだと思うが右と左、下から投げる変則もいると聞いている。最終的にエースの飯塚脩人が来るのは間違いない。出てくるのが先か後かの違いで、彼をマークして調整していきたい」

 ―鍵を握る選手は。

 「2年生たち。與谷友希や島袋皓平、永山蒼とかがいい意味で起爆剤になってくれれば。うちは2年生が爆発すると、3年生も乗ってくるタイプのチーム。3年を引っ張る2年生の活躍に期待している」

 ―理想の試合展開は。

 「相手はセンバツ準優勝校。甲子園の経験も豊富。とにかく投手陣がコースを突き、相手有利のカウントにしないことが一番重要」

 ―改めて意気込みを。

 「気が付いたら中盤になっていることだけは避けたい。とにかく初回、前半3イニングの入り方。五分五分か、リードしている展開で試合の前半を終えられれば。相手はエラーを畳み掛けるのが上手。取れるアウトを100パーセント取る。そういう野球をやっていければと思う」