トミカの新商品は葛飾区の日野プロフィア!? コンテナを開閉できるアクション付き

©株式会社MOTA

トミカが葛飾区とコラボした日野プロフィアを発売

トミカが葛飾区とコラボした日野プロフィアを発売

タカラトミーは、ダイキャスト製ミニカー「トミカ」の新商品として「No.48 日野プロフィア 葛飾トラック」を2019年8月17日から発売する。価格は450円(税抜き)。

日野プロフィア 葛飾トラックの主な特長

コンテナも開く! 花火と区の花をデザイン

トミカが葛飾区とコラボした日野プロフィアを発売
トミカが葛飾区とコラボした日野プロフィアを発売

本商品は東京都葛飾区と共同で開発を行っており、常時展開している「トミカ」の定番140車種として初めて、市区町村とコラボレーションした商品である。

本体のコンテナ部分は葛飾区のロゴをイメージしたブルーのボディカラーで、ロードレストには区の紋章をデザインした。

また車体側面には葛飾区の風景として「柴又」と「葛飾納涼花火大会」の写真を配置したほか、側面下部には葛飾区の花である花菖蒲をあしらっており、葛飾らしさを感じられるデザインに仕上げている。さらに、コンテナを開閉できるアクションもついている。

タカラトミーと葛飾区のコラボ

タカラトミーは、玩具の街である葛飾区と連携・協力を進めるために協定を締結し、地域活性化を目的に様々な施策を一緒に取り組んでいる。

2017年7月にはタカラトミーの歴史資料、玩具を展示した特別展「かつしかホビトリー おもちゃの街かつしかとタカラトミー」を開催、2018年3月からは「リカちゃん」デザインのラッピングバスが葛飾区を運行開始、2018年11月には商店街の各店舗をマスに見立て、参加者が実際に歩いてマスを進んでいく“リアル人生ゲーム”、「まちあそび人生ゲーム in 葛飾」を開催した。

また2019年7月には、京成電鉄も交えたコラボレーション企画として「プラレール」60周年を記念し、京成立石駅構内に「けいせいたていしプラレール駅」と称し、プラレールの世界観を楽しめる特別な空間を創出し、葛飾区内の京成線各駅最寄りの8つの商店街と連携したスタンプラリーを実施している。

商品概要

トミカが葛飾区とコラボした日野プロフィアを発売

■商品名:「トミカ No.48 日野プロフィア 葛飾トラック」

■商品内容:トミカ本体×1

■希望小売価格:450円(税抜き)

■発売日:2019年8月17日

■対象年齢:3歳~

■商品サイズ: 25(W)×36(H)×72(D)mm

■取扱い場所:全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売り場、トミカ専門店「トミカショップ」、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト