「#不登校は不幸じゃない」 悩み共有、不安軽減へ 18日に長崎で座談会

©株式会社長崎新聞社

 座談会を通じて不登校からの社会的自立を考えるイベント「#不登校は不幸じゃない」が18日午後1時~5時、長崎市昭和3丁目の「フリースクールクレイン・ハーバー」で開かれる。
 子どもの自殺率が高まる夏休み明けを前に、全国100カ所で一斉展開されるキャンペーンの一環。長崎県内では同市のNPO法人「フリースクールクレイン・ハーバー」が主催する。
 参加対象は学校の悩みを抱える児童生徒とその保護者。不登校を経験した若者との座談会を通して、悩みを共有し抱える不安の軽減を目指す。体験フリースクールや保護者との個別面談などもある。同法人の中村尊代表は「このイベントが、子どもたちにとって『これからどう過ごしていくか』を考えるきっかけになれば」と話す。
 参加無料、定員は20人程度。事前申し込みが必要。同法人(電095.844.8899)。