【戦力分析】沖尚、堅守と勝負強い打撃 きょう習志野と初戦

©株式会社琉球新報社

 第101回全国高校野球選手権大会第4日は9日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1回戦4試合を行う。県代表の沖縄尚学は第3試合(午後1時開始予定)に春の選抜準優勝の習志野(千葉)と対戦する。両校の戦力や試合の見どころを紹介する。

◇沖尚、堅守と勝負強い打撃
 5年ぶり8度目の出場となる沖縄尚学。夏の甲子園は2014年の8強が最高だが、春の選抜では1999年と2008年に優勝経験がある。今大会は堅守と勝負強い打撃で8強以上を目指す。OBには広島などで活躍した安仁屋宗八さん(沖縄高校時代)や08年選抜優勝投手の東浜巨(現ソフトバンク)などがいる。

《攻撃力》 リードオフマンで副主将を務める神里航平は県大会で四死球13、打率4割と出塁率が高い。続く2番島袋皓平は確実に犠打を決める器用さがある。3番を務める水谷留佳主将は打率4割2分9厘、打点9といずれの数字もチームトップ。4番から6番も打率3割を超え、勝負強さがあるため、確実に走者を返したい。調子がなかなか上がらない下位に当たりが出れば、より驚異的な打線となる。

《投手・守備力》 低めを丁寧に突くエース左腕の仲村渠春悟、球種が多く的を絞らせない右の比嘉大智、県大会で頭角を現した最速142キロの2年生右腕、永山蒼と投手陣の層は厚い。継投で最小失点に抑えたい。守備陣は二塁手の水谷や遊撃手の山下航平、髙良魁が支える。中堅手の神里は50メートル5.9秒の俊足を持ち、守備範囲が広い。県大会決勝で控えから出て攻守に活躍した吉里和己はラッキーボーイ的な存在。

◇習志野、しぶとさは健在

 8年ぶり9度目の出場となる習志野(千葉)。夏の甲子園は1967年と75年に優勝している。チームは春の選抜で頂点まであと一歩のところまで迫ったため、夏の優勝に懸ける思いは強い。全国上位の成績を残す吹奏楽部による迫力ある応援は「美爆音」と称され、打者の背中を押す。OBには元阪神の掛布雅之さんや2千本安打を達成し、今季限りで引退する福浦和也(ロッテ)などがいる。

《攻撃力》 4番櫻井亨佑は県大会で打率5割1分7厘、5番高橋雅也は4割4分。共に2年生が打線をけん引する。下位にも3~5割台の選手が並び、切れ目がない。犠打と盗塁も多く、着実に得点を奪う。強豪の木更津総合と対戦した県大会準決勝では、1点を追う九回2死走者なしから同点に追い付き、延長でサヨナラ勝ち。春の選抜で3度の逆転勝ちを収めたしぶとさは健在だ。

《投手・守備力》 右の本格派右腕、飯塚脩人がエース。県大会では23回を投げて被安打17、8失点とやや打たれた印象もあるが、最速150キロの直球は力強く、三振が取れる。飯塚と共に二枚看板を張る左の山内翔太は、23回で与四球わずか1と抜群の制球力。二遊間が守備陣を支え、県大会では失策3と安定している。

◇見どころ 投手陣、守備精度が鍵

 両チームとも守備力が高いため、ロースコアの展開が予想される。どちらが先制点を挙げて、主導権を握るか、注目される。攻撃もカラーが似ている。中軸を中心に調子を上げており、県大会のチーム打率はどちらも3割を超える。犠打や盗塁も絡めて着実に得点を重ねる力があるため、展開によっては1イニングで大量得点を挙げるような状況も考えられる。いずれにせよ、投手陣のできや守備の精度が勝敗の鍵を握りそうだ。