ポルシェ 718・911の特別仕様車を発売|限定ボディカラー「マリタイムブルー」が走りを彩る

©オートックワン株式会社

ポルシェ 718・911の特別仕様車を発売|限定ボディカラー「マリタイムブルー」が走りを彩る

ポルシェがエクスクルーシブマニュファクチャーによる特別仕様車を発売

ポルシェジャパンは、ポルシェエクスクルーシブマニュファクチャーによる特別仕様車をポルシェセンター青山とポルシェセンター名古屋の2店舗で発売する。価格は1455万3000円~2511万6000円(消費税込み)。

ポルシェセンター青山では718モデルが登場

ポルシェセンター青山では、718ケイマンGTSと718ボクスターGTSの特別仕様車2台を2019年8月25日より発売する。

ともにボディカラーは、1991年から1993年に製造されていた911(タイプ964)や968、928に採用された希少価値の高いマリタイムブルーを採用した。

マリタイムブルーは、ポルシェを象徴するシンボルカラーとして、ポルシェファンから認知が高いカラーだ。車両は2シーターミッドエンジンの718モデルレンジから、ハイパフォーマンスモデルの718ケイマンGTSと718ボクスターGTSを選択した。

ポルシェセンター青山で抽選で当たる招待イベントを実施

ポルシェセンター青山では、特別仕様車販売を記念して2019年8月25日夜に抽選で50組100名様を招待し、「Exclusive Manufaktur Partner in Aoyama」を開催する。特別仕様車の展示は同イベントから同年9月1日までの期間を予定している。

ポルシェセンター名古屋は911モデルの2種類を発売

多彩な装備を用意してオリジナル感を演出

ポルシェセンター名古屋では、911カレラGTS、911カレラGTSカブリオレの特別仕様車2台を2019年9月11日より発売する。

ボディカラーは、マリタイムブルーを採用。エクステリアは、カーボンファイバー製のスポーツデザインドアミラーを装備し、ホイールは、サテングロスブラック仕上げのセンターロック式20インチ、スポーツエグゾーストシステムは、ハイグロスブラックを起用し、スポーティな印象をブラックカラーでコーディネイトした。

またインテリアカラーは、ブラックに統一された中に、グラファイトブルーのシートセンターやステッチが入り、主張しすぎないコントラストで存在感を示す。

メーターパネルやダッシュボード中央部に埋め込まれたスポーツクロノパッケージのストップウォッチはホワイトにペイントし、ステンレスドアエントリーガードには、ドアを開けると今回のためにデザインされたオリジナルの意匠がイルミネーションで浮かび上がるようセッティングしている。

ポルシェエクスクルーシブマニュファクチャーだからこそ提案できるスポーティかつオリジナリティあふれた特別仕様車に仕上がった。

名古屋でもイベントを開催

ポルシェセンター名古屋では、この特別仕様車の発売を記念して「Exclusive Manufaktur Partner by ポルシェセンター名古屋」イベントを開催する。イベント当日は、専門のコンサルタントにカスタマイズオーダーの相談ができる特別ブースを設置する。

ポルシェエクスクルーシブマニュファクチャーについて

ポルシェエクスクルーシブマニュファクチャーは、1986年より少量生産モデルやカスタマイズモデルを展開している。リクエストに合わせて、ボディからエクステリアの特別なカラーコーディネイトや、パフォーマンス向上の提案まで、幅広く細やかな要望に対応することが可能だ。

現在、ポルシェセンター青山とポルシェセンター名古屋の2店舗がパートナーに指定されている。

各モデルの価格

■718ケイマンGTS ポルシェエクスクルーシブマニュファクチャー:1455万3000円

■718ボクスターGTS ポルシェエクスクルーシブマニュファクチャー:1514万3000円

■911カレラGTS ポルシェエクスクルーシブマニュファクチャー:2265万3000円

■911カレラGTSカブリオレ ポルシェエクスクルーシブマニュファクチャー:2511万6000円

※価格はいずれも消費税込み