追浜行政センター ベイユニ姿で応対 ファーム試合日限定で

横須賀市

©株式会社タウンニュース社

 横須賀市は、横浜DeNAベイスターズのファーム拠点「DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA」の落成に合わせて、8月16日(金)〜18日(日)に横須賀スタジアムで行われるファーム公式戦(千葉ロッテ戦)を盛り上げる企画を打ち出している。

 この3日間を「3Days Of Celebration Yokosuka」と名付け、小中学生の観戦無料、子ども向けアトラクションの無料開放、ファールボールプレゼントなどのイベントを用意。17日は選手の撮影会、18日にはサイン会も予定している。

 取り組みの一つとして、16日から追浜行政センター1階と役所屋追浜店の職員がベイユニホームを着用する=写真。横須賀スタジアムでファームの試合が行われる日限定で、9月29日(日)の最終戦までの15日間。同様の試みとして、久里浜では横浜F・マリノスの試合日に同チームのユニホームを着て行政センター窓口で対応する。追浜はベイスターズ、久里浜はマリノス―と、「スポーツチームで街を盛り上げ」の取り組みが具体化している。