沖尚、初戦敗退 センバツ準Vの習志野に延長10回4-5 夏の甲子園 

©株式会社沖縄タイムス社

習志野-沖縄尚学 6回裏沖縄尚学1死満塁、奥原海斗は三塁線へ勝ち越しスクイズを決める=9日、甲子園(日刊スポーツ提供)

 【甲子園取材班】第101回全国高校野球選手権大会第4日は9日、兵庫県の甲子園球場で1回戦4試合が行われ、5年ぶり8度目の出場となった沖縄尚学はセンバツ準優勝の習志野(千葉)に延長十回、4―5で競り負け、初戦敗退した。

 沖尚は0―2の四回、1死から主将の3番水谷留佳が右前二塁打で出ると、與谷友希、崔哲瑋の連打で同点。さらに奥原海斗がスクイズを決めて3得点で勝ち越し。だが直後の五回、四回から2番手で登板した永山蒼が四球で出した走者を犠打で進められ、中前適時打を浴びて追い付かれた。

 沖尚は六回裏の攻撃で、先頭の島袋皓平が敵失で出塁し、四球と単打で1死満塁とすると、奥原がフルカウントから再びスクイズを決めて勝ち越した。

 だが4―3の九回、習志野は1死一、三塁でタイムリーが出て同点。さらに延長十回1死二塁、中越え二塁打を打たれ、4―5と勝ち越された。