池上彰がミッドウェー海戦を解説。「大本営発表」のうそ、「赤紙」の実態とは

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京系では、8月12日に「池上彰の戦争を考えるSP ~失敗は隠され、息子たちは戦場へ~」(午後8:00)を放送する。毎夏恒例となった本特番は今年で11回目を迎え、令和で初めての終戦記念日を前に、改めて戦争を振り返る。

今回は、ハリウッドで映画化されることでも注目される「ミッドウェー海戦」を解説。改ざん・捏造(ねつぞう)された報道、「フェイクニュース」によって若者たちの悲劇へとつながっていく道のりを池上彰が解説。また、「赤紙」と呼ばれた召集令状について、多くの人が知らなかった実態を貴重な資料からひも解いていく。

11回目を迎える放送を前に、池上は「相手が発表したことをそのまま報道すると、よく『大本営発表だな』と批判されることがあります。本物の大本営発表によって、どれだけ人々の認識がゆがめられ、多くの犠牲者が出たことか。『戦争の最初の犠牲者は真実だ』という言葉があります。事実を正しく伝えていくことの責務を改めて感じています」と今回のテーマについてその重要性を語った。

「空母『加賀』の悲劇と『大本営発表』の嘘」では、真珠湾攻撃などに加わった海軍が誇る大型航空母艦だった「加賀」が、1942年のミッドウェー海戦でなぜ撃沈されたのか、アメリカ取材で新事実に迫る。大戦のターニングポイントとなったミッドウェー海戦は、日本軍が主力空母4隻を沈められる大敗だったが、大本営発表では「一隻喪失 一隻大破」と事実が改ざんされた。失敗は、なぜ、どのように隠されたのか、池上が解き明かす。

さらに「そして息子たちは戦場へ 実録“赤紙配達人”」では、大戦末期、召集令状「赤紙」が乱発され、「学徒出陣」で息子たちが戦場に送られた真相に迫る。そもそも「赤紙」の実態とはどんなものだったのか? 「兵事係」という赤紙配達人が、終戦後に命懸けで残した書類、証言をもとに実録再現する。志半ばで戦場に散った学生たちが残した絵画などを集めた「無言館」なども取材する。