北陸新幹線「国の動き注視」京都・亀岡で丹波基幹交通協総会

©株式会社京都新聞社

丹波2市1町の交通整備の方向性を確認した協議会(京都府亀岡市役所・市民ホール)

 京都府の丹波2市1町でつくる「京都丹波基幹交通整備協議会」の本年度理事総会が9日、亀岡市役所で開かれた。北陸新幹線の敦賀以西ルートは口丹波地域に駅ができない計画だが、「今後の国などの動きを注意していく」との方針を確認した。

 同整備協議会は「北陸新幹線口丹波建設」「山陰本線京都中部複線化」「京都縦貫自動車道建設」「国道9号ダブルルート整備」の4促進協議会を置く。

 北陸新幹線は福井県小浜市と京都駅を結ぶルートが決まっているが、協議会長の桂川孝裕亀岡市長は「京都市内の地下を通せるのか課題もある。引き続き促進協議会を設置して進めていく」と、あいさつした。

 本年度の事業計画案として、亀岡市と京都市を結ぶ新たな国道9号ダブルルート整備に向けて「国、府をはじめ関係機関に対し、積極的に要望活動を行う」など4項目の基本方針が示されたが、質疑もなく可決された。