ファルコン&ウィンター・ソルジャーのMCUドラマについて分かっていること3つ「噂のプロットとは!?」他

© 株式会社AXNジャパン

ディズニーの新配信サービスDisney+で映画『アベンジャーズ』シリーズのキャラクター、ファルコンとウィンター・ソルジャーを主役にしたドラマ『The Falcon and the Winter Soldier』の製作が進行中です。そこで注目の新作ドラマについて、現時点で分かっていること3つをご紹介!(※本記事は映画のネタばれを含みます)

出演キャストは!?

セバスチャン・スタン&アンソニー・マッキー

SAN DIEGO, CALIFORNIA - JULY 20: Sebastian Stan and Anthony Mackie speak at the Marvel Studios Panel during 2019 Comic-Con International at San Diego Convention Center on July 20, 2019 in San Diego, California. (Photo by Albert L. Ortega/Getty Images)

(※本記事は、マーベル映画シリーズネタばれを含む箇所があるのでご注意を!)

『The Falcon and the Winter Soldier』は、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の映画に登場するキャプテン・アメリカの幼なじみ、ウィンター・ソルジャーことバッキー・バーンズと、キャプテンの右腕的な存在ファルコンことサム・ウィルソンを主人公にした新作ドラマです。

そしてドラマ版には、これまでに『キャプテン・アメリカ』と『アベンジャーズ』シリーズでウィンター・ソルジャーを演じてきたセバスチャン・スタンと、ファルコン役で出演していたアンソニー・マッキーが続投することになっています。

エミリー・ヴァンキャンプ

LOS ANGELES, CALIFORNIA - FEBRUARY 06: Emily VanCamp attends the Fox Winter TCA at The Fig House on February 06, 2019 in Los Angeles, California. (Photo by Jean Baptiste Lacroix/WireImage)

その他には、映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)と『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)で、キャプテン・アメリカが愛したペギー・カーターの姪にあたるエージェント13ことシャロン・カーターを演じた、エミリー・ヴァンキャンプがドラマ版に同役で続投することが決定!

エミリーはドラマ界でもお馴じみの女優で、小説「モンテ・クリスト伯」をモチーフにした復讐ドラマ『リベンジ』に主演し、最近は医療ドラマ『レジデント 型破りな天才研修医』でニック役を演じています。

MCU映画ではシャロンの描かれ方が中途半端に終わっていたため、どのように彼女がドラマ版の物語に関わって来るのか観るのが楽しみです!

ダニエル・ブリュール

そしてエミリーだけでなく、MCU映画に登場した懐かしの顔ぶれがもう一人加わることに!

ダニエル・ブリュールは、映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でソコヴィアの元特殊暗殺部隊のリーダーだったヴィラン、ヘルムート・ジモ役で出演していました。

ダニエルもドラマ版に同役で続投することが発表されたのですが、彼が演じたジモはソコヴィア協定を巡るアベンジャーズの内部分裂で暗躍した人物でもあり、彼のカムバックはファルコンとウィンター・ソルジャーにとって大きな脅威になるはず…!

しかも、ダニエルがInstagramに投稿したジモの画像(↑)の2枚目には、原作コミックスでジモが装着するヴィランのスーツ姿が収められていることから、どうやらジモはパワーアップして戻って来るようです。

ファルコン版キャプテン・アメリカが拒否される!?

(※本記事は、『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタばれを含みます!)

現時点では、『The Falcon and the Winter Soldier』の正式なプロットやタイムラインは発表されていませんが、マーベル・スタジオがInstagramに投稿したドラマ版のロゴ(↑)にはキャプテン・アメリカのシールドがデザインされていることから、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年)後の世界が舞台になることは間違いなさそう。同映画のラストではファルコンことサム・ウィルソンがキャプテン・アメリカのシールドを受け取り、その役目を引き継ぐことになりましたからね。

そして、映画監督ケヴィン・スミスと脚本家マーク・ベルナルディンがホストを務めるポッドキャスト番組『Fatman Beyond』で、2人が「キャプテン・アメリカが下した決断を米国政府が受け入れず、ファルコンが次のキャプテン・アメリカになることに難色を示す展開になりそうだ」と語っていたのだとか。

このプロットは原作コミックスにも描かれているのですが、この噂が事実ならば、政府や大衆にキャプテン・アメリカとして認められないサムの苦悩が描かれ、そんな彼をウィンター・ソルジャーが支えることになるのでしょうか!?

そして、カムバックが決まったシャロン・カーターは国際平和組織S.H.I.E.L.D.(シールド)でニック・フューリーの指揮下で動いていることから、ドラマ版ではシールドも深く関わってくるはず。もしかしたら、ニックを演じるサミュエル・L・ジャクソンや、彼の右腕エージェント、マリア・ヒル役のコビー・スマルダーズがゲスト出演する可能性もありそうですね。

女性監督が全エピソードでメガホンを取る!

『The Falcon and the Winter Soldier』のシーズン1は6話で構成されるのですが、すでに全エピソードで女性監督カリ・スコグランドがメガホンを取ることが決まっています。

スコグランドは、Huluのデストピアドラマ『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』や大人気パンデミック・ドラマ『ウォーキング・デッド』、Netflixの政治サスペンスドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』をはじめとする人気ドラマシリーズの数々でエピソード監督を務めた経歴を持つ実力派。

そして、Netflixのスーパーヒーロー映画『パニシャー』でもメガホンを取ったことがあり、すでにマーベル作品も経験済みです。

そして、キアヌ・リーヴスが主演するアクション映画『ジョン・ウィック』シリーズで脚本を務めたデレク・コルスタッドが全6話でペンを執り、音楽業界の裏側を描くドラマ『Empire 成功の代償』の脚本家マルコム・スペルマンも携わるとのこと。

ファルコンとウィンター・ソルジャーを主人公にした新マーベル・ドラマシリーズ『The Falcon and the Winter Soldier』は、2020年にDisney+にて配信スタート予定です!

Falcon and the Winter Soldier - Release date, trailer, plot, more