アンカツさんショック、キングカメハメハ天国へ

©株式会社日刊現代

アンカツさんショック、キングカメハメハ天国へ

10 Photos

日本中央競馬会は10日、大種牡馬として知られるキングカメハメハ(馬齢18歳)が9日に亡くなったと発表した。2004年に変則2冠(NHKマイルC,日本ダービー)を制し、種牡馬として数々の名馬(牝馬3冠を達成したアパパネ、日本ダービー馬のドゥラメンテとレイデオロ、国内外のG1を6勝したロードカナロア)などを輩出した。ダービーを共に制した安藤勝己元騎手もショックであろう。ウオッカ、ディープインパクトに続き、また平成の名馬が天国へと旅立った。

2003/11/16・京都競馬場・2歳新馬 安藤勝己騎手でまず初勝利

2003/12/13・阪神競馬場・エリカ賞(500万下) 武豊騎手で2勝目

2004/02/29・阪神競馬場・すみれS(オープン) 安藤勝己騎手で3勝目

2004/03/27・阪神競馬場・毎日杯(G3) 福永祐一 騎手、2回目の重賞挑戦で勝利(4勝目)

2004/05/09 ・東京競馬場・ NHKマイルC(G1) 安藤勝己騎手で初GⅠ制覇(5勝目)

変則2冠を目指したキングカメハメハは見事、2004/05/30 3・東京競馬場・東京優駿*日本ダービー(G1)を 安藤勝己騎手騎乗で制覇しガッツポーズ(6勝目)

変則GⅠで日本ダービーを制した安藤勝己騎手はめずらしく右手を上げてガッツポーズ

ウイニングランからウイナーズサークルへ戻ってきたキングカメハメハ騎乗の安藤勝己騎手はファンの声援に応えてガッツポーズ

変則GⅠで日本ダービーを制したキングカメハメハ、安藤勝己騎手、金子真人オーナーらと勝利の口取り

撮影:阪本達夫・飯塚富美雄

撮影日:2003年11月16日から2004年9月26日