クリミア半島をバイクで疾走

プーチン氏、実効支配を誇示

©一般社団法人共同通信社

10日、ロシアが実効支配するウクライナ南部クリミア半島で、ロシア国旗をはためかせてバイクを運転するプーチン大統領(右)(タス=共同)

 【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領は10日、2014年に強制編入したウクライナ南部クリミア半島で自らバイクのハンドルを握り、愛好家らと共に疾走した。クリミア返還を求めるウクライナのゼレンスキー大統領がプーチン氏との対話に前向きな姿勢を見せる中、あらためて実効支配を誇示した。

 ロシア製バイク「ウラル」のサイドカーに、ロシアが一方的に創設した「クリミア共和国」トップのアクショーノフ首長を乗せたプーチン氏は、ロシア国旗をはためかせ、港湾都市セバストポリで開催されたバイクショーに登場した。