枡田絵理奈のインスタに垣間見えた「女子アナって恐ろしい…」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

枡田絵理奈 

(C)まいじつ 

フリーアナウンサーの枡田絵理奈が8月7日、自身のインスタグラムを更新。同じくフリーアナウンサーの加藤綾子との2ショットを披露した。

枡田は、《今回の東京滞在、締めは、大好きなこの人 今日も生放送頑張れー 綾子とのご飯の記事、アメブロに書きました》とコメント。そのブログでは「局は違うけど、学生時代からずっと仲良しの同期、カトパンです(中略)局アナ時代は、お互い朝の生放送終わった後に待ち合わせして、2人でラーメン屋さんでラーメン食べたり、綾子の家でご飯作ってもらったり、わが家で2人で床に寝転んでゴロゴロしながらお団子食べたり…ゲラゲラリラックスしながら、仕事のことプライベートのこと、相談したり、くだらない話で爆笑したり、楽しい時間を過ごしていました」と、仲の良さをアピールした。

 

“仲良しアピール”という戦略

ネット上では、

《マスパン、カトパン仲いいなー》
《2人ともちょー仲良しなんだね。うらやましい》
《最強のビジュアルだな。美人過ぎる!》

など、大反響を呼んだが、一方で、

《女子アナ同士のライバル心って恐ろしいな》

などという声も広がっている。なぜなのか?

「実は、去る7月28日に、テレビ東京の鷲見玲奈アナウンサーが自身のインスタグラムで、フリーアナウンサーの宇垣美里との2ショットを披露しているんです。鷲見アナは『久しぶりうがっきー 少し間が空いてしまいましたが、変わらず元気そうで、かわいさに磨きがかかっていました 忙しそうだったけれど、また近々会いたいなぁ』などとコメント。仲の良さをアピールしましたが、この2ショットを見た枡田アナが〝対抗心〟を燃やしたんじゃないかと、ウワサされているんです」(女子アナウォッチャー)

女子アナの多くは学生時代からチヤホヤされており、常に〝自分が一番〟じゃなければ嫌だという。しかし、あまりの自己顕示欲の強さから、気が付けば女王様ぶりを発揮してしまい、ファンが引いてしまうこともあるようだ。このような女子アナ同士の〝仲良しアピール〟は、好感度を上げるためにも重要なのだとか。

宣伝活動に一生懸命なのは結構だが、本業であるアナウンスはおろそかにしてほしくないものだ。