台風の危険三要素

©株式会社ウェザーマップ

12日(月)の東日本と西日本・沖縄は高気圧に覆われ晴れて暑くなりますが、午後は山沿いを中心に雨や雷雨の所がある見込みです。北日本は雲が多く、雨の降る所もありそうです。
台風10号が小笠原諸島近海にあり、小笠原諸島では12日にかけて猛烈なしけとなり、非常に強い風が吹く見込みです。
この台風10号は、13日にかけて日本の南海上を進み、15日頃に西日本に接近・上陸するおそれがあります。
台風災害が発生しやすい危険三要素は、「勢力が強い」、「規模が大きい」、「速度が遅い」です。
一つでもあれば危険な台風ですが、台風10号はすべて持っていますので、最大限の警戒が必要です。

気象予報士・饒村 曜

画像について:11日午前9時の台風10号の位置と進路予想。