50代で転職、「70歳まで働ける」は老後の強みになる?

©株式会社マネーフォワード

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。

今回の相談者は、70歳近くまで働き続けることのできる仕事に転職した54歳の未婚女性。しかし、長く働けたとしても、今の貯金だけでは老後が不安だといいます。マネーフォワードから生まれたお金の相談窓口『mirai talk』のFPがお答えします。

長く働くことを前提として、50歳を過ぎてから転職をしました。何事もなければ、収入があまり変わることなく、今の仕事を70歳くらいまでは続けていける予定です。また、60歳になると年金形式で毎月10万円受け取れる保険があり安心感はありますが、今の貯金だけでは暮らしていけないのではと不安です。以前、固定費の見直しが大事と聞いて、携帯電話は格安のものにしました。保険の見直しも勧められましたが、どれも入っていないと不安で、そのままにしています。安心した老後生活を送りたいのですが、どこから見直しをしたらいいでしょうか?

〈相談者プロフィール〉
・女性、54歳、未婚
・職業:会社員
・毎月の世帯の手取り金額:35万円
・年間の手取りボーナス額:55万円
・毎月の世帯の支出目安:32万円

【現在の資産状況】
・毎月の貯蓄額:2万円
・現在の貯蓄総額:520万円
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:なし

【支出の内訳】
・住居費:7.9万円
・保険:5.1万円
・教育費:0.35万円
・通信費:0.8万円(格安SIM、Wi-Fi)
・車両費:1.5万円
・食費:7万円(ペットフード含む)
・水道光熱費:1.7万円
・日用品:1.5万円(ペット用品含む)
・趣味・娯楽:3万円(クラウドファンディングで動物保護に出資)
・衣服・美容:1万円
・健康・医療:1.5万円
・交通費:0.4万円
・交際費:0.5万円


FP:ご相談ありがとうございます。miraitalkファイナンシャルプランナーの秋山です。老後の暮らしは不安が尽きないと思います。ですが、相談者さまには強みもありますので、それを活かしつつ、安心した暮らし方を検討してみましょう。

毎月の生活費を圧縮して、老後の生活に備える

現状では、毎月32万円ほどかかる暮らし方をされています。この支出の仕方を老後もずっと続けて生活をして行くことは難しいですよね。今のうちから支出を下げられるようになると、老後も支出を下げた暮らし方ができるでしょうし、貯金を増やすことにつながっていきます。すでに格安スマホに変えるなど取り組みを始めているようですが、もう少し幅を広げ、固定費、変動費、どちらも見直しをしていきましょう。

生命保険の掛け金が高額と感じますが、どうでしょうか? 60歳から年金的に保険金がもらえるものもあるようですので、それはそのままでも良いかもしれませんが、それ以外の保障の内容は一度見直しをした方が良いと思います。必要な保障だけを揃えるようにして、毎月の掛け金を少なくできれば、貯金額を増やしていけます。

また、クラウドファンディングへの出資は応援したい気持ちからだと思うのですが、比較的大きい固定費になっています。金額を下げることや隔月にするなどを検討してみてはいかがでしょうか? もしくは月々の予算ではなく、ボーナスなどの年間支出の方で管理をして金額を調整してみてもいいと思いますよ。

そのほか、変動費では、食費、日用品代が気になります。ペットの都合もあるのでしょうが、1週間ないし半月ごとに予算を組んでコントロールするようにし、少しずつ支出を下げるべきだと感じます。

「仕事を長く続けられる」のは強み

転職され、70歳ぐらいまで今の収入を継続できるという見込みを、この段階から作っておけたことは、相談者さまの強みです。暮らしの保障と、貯金を増やせる可能性の期間を大幅に伸ばすことができたということですから。

年金受給を開始する年齢になると、収入の状況によっては年金がカットされる「在職老齢年金」の支給停止基準額にひっかかる可能性がありますが、その基準額を今、国の方でもっとあげるのか、廃止にするのかなどの検討をしているようですので、相談者様が年金受給者となる約10年後は心配ないかもしれませんね。ですが、現状ではそういった心配もあることを頭に入れておきましょう。

もし、支出を下げることができ、予定通り今の収入を維持していけたらどういう将来になるか考えてみましょう。例えば支出を削減して、毎月8万円ほどを貯金できるとしたら、70歳になるまでの約15年間で貯められる金額は、1440万円です。かなり大きな金額を作ることができますよね。

こう考えると、収入が変わらない状況を作り、長く貯金を増やしていける可能性を作り出せたことは、素晴らしいことです! あとは貯めることを実現していくだけです。

貯金にまわせるお金が増えてきたら、投資の検討も

お金を増やしていきたいと考えると、ただ貯めるよりも、育てていくことを考えていきたいものです。手持ちのお金のすべてではなく、一部を投資にまわして積み立てていくと、20年後、30年後には複利の効果で大きく育てることが可能です。

個別株だけにするとリスクが高くなりますので、複数の会社が1つの商品に入っている比較的リスクが少ないインデックス型の投資信託で始めると良いと思います。国も投資信託の積立を勧めていて、「運用益」という儲けにあたる部分を非課税にしようという制度を作り出しています。「iDeCo(個人型確定拠出年金)」や「つみたてNISA」といいますが、聞いたことがあるのではないでしょうか。

iDeCoで積立ができるのは、今のところ60歳までです。60歳から70歳までの間に積み立てたお金の受け取りを開始することができます。掛け金の全額が所得控除となるので、所得税、住民税を安くでき、受け取りの時も税控除が使えます。54歳の今始めると、受け取りを開始できる年齢が63歳からとなってしまいますが、それでも税控除を狙いたいのなら始めても良いと思います。

つみたてNISAは、年齢の制限はなく、掛け金も所得控除の対象にはなりませんが、運用益が非課税となるお得な制度です。なにより、金融庁がリスクが少ない商品を厳選して、つみたてNISA用の商品として設定していますので、安心して始められることもポイントです。

もし、毎月8万円余剰金を捻出できるとして、すべてを貯金しますと1440万円。それだけでも大きな金額となりますが、余剰金のうち2万円は貯金、残り6万円を投資にまわし3%で運用できたと仮定すると、15年で1721万円(貯金360万円、投資1361万円)になります。投資をするということは、このような恩恵を受けられるということです。

安心できる老後のためには、まず検討をして、そして行動に移していただきたいと思います。