水防団員大募集

大阪府大阪市浪速区 広報なにわ令和元年8月号

©株式会社VOTE FOR

Q1.水防団とは?
A.水防法に基づき自治体などが設置する地域住民の防災組織で、地方自治体の長の命令を受け、水防団長の指揮により任務にあたり、水害から地域住民の生命と財産を守るのが主な任務です。
淀川左岸水防事務組合は、大正6年の淀川の堤防の決壊を受けて大正8年に設立され今年で100周年を迎えます。55区域の水防分団で構成されており、約2,700人の団員が水防活動に従事しています。浪速区には浪速第1分団、第2分団の2分団があり、区民の生命と財産を水害から守る役割を担っています。

Q2.水防団の役割
A.普段から堤防や防潮堤を点検し、洪水、津波又は高潮等の災害時に現場に駆け付け、被害を最小限にくい止め、水害から私たちの生命と財産を守るのが仕事です。災害時に備えて毎年、水防工法や鉄扉操作、無線通信などの訓練をしています。水防団に入団し、水防活動(出動や訓練)に従事したときには、決められた基準により団員報酬や出務手当等が支給される非常勤の公務員です。

Q3.水防団の活動内容
A.
・災害時の水防活動
・災害時に備えた管理施設の点検と水防訓練など

Q4.訓練
A.年2回~3回程度

Q5.入団資格は?
A.組合防御区域内にかかる市区内在住、在勤の18歳以上の方です。

問合せ:
・淀川左岸水防事務組合
【電話】072-841-2310
・防潮本部
【電話】06-6572-2300