「借金漬け外交」に懸念表明へ

アフリカ開発会議の首脳宣言

©一般社団法人共同通信社

6月に北京で開かれた「中国アフリカ協力フォーラム」の開幕式(共同)

 政府は今月28~30日に横浜市で開くアフリカ開発会議(TICAD)で採択する首脳宣言に、アフリカで一部の国が債務超過に陥っている問題への「懸念」を明記する方向で調整に入った。中国がインフラ整備に際して多額の資金を貸し込む「借金漬け外交」をけん制し、中国主導の開発への警戒感をアフリカ諸国と共有する狙い。政府筋が11日、明らかにした。

 高い成長が期待され、中国が巨大経済圏構想「一帯一路」に基づく投資で急速に影響を強めるアフリカに対し、日本も関係強化を進めていることが背景にある。

 TICADはアフリカの開発や支援をテーマに日本が主導する国際会議。