「くま鉄」知識王めざせ 9月、開業30年記念で検定

©株式会社熊本日日新聞社

「くま鉄検定」をPRするくま川鉄道の社員=人吉市

 第三セクターくま川鉄道(熊本県人吉市)は開業30年記念事業として「くま鉄検定」を創設する。車両の性能や沿線地域の歴史などの問題を通して、多くの人に鉄道や地域の魅力を知ってもらう。

 初級中級、上級、特級の3段階で各50問。特級は記述式の設問もある。合格者には段階に応じて、認定証や観光列車ペア乗車券などの副賞がある。特級取得者は希望すればアンバサダーに就任でき、観光列車の案内人としてPR活動に参加できる。

 初回の試験は9月8日、多良木町交流館石倉で実施する。今回は初級中級のみで、料金は千円。8月20日まで受け付ける。

 永江友二社長は「長年にわたり、地域経済を支えている『くま鉄』を多くの人に知ってもらう機会にしたい」と話している。同社TEL0966(23)5011。(小山智史)