住宅の和室に子グマが侵入 山に放されるも...

©株式会社フジテレビジョン

山口・下松市で、子グマが住宅に侵入。
子グマはその後、山に放された。

住宅の和室に入り込んだ子グマ。

体長は、50cmほどとみられている。

警察によると、12日午後3時半ごろ、山口・下松市大藤谷で住宅にクマが入ってきたことにこの家に住む70代の女性が気づいた。

住宅の和室にいたのは子グマ1頭で、女性にけがはなかった。

子グマはおよそ2時間後、地元の猟友会に捕獲され、近くの山に放された。

下松猟友会・清水守会長は、「居間の物置みたいなところに入って、じっとかがんでいた。(子グマ)生後4~5カ月程度、乳離れに一生懸命だと思う」と話した。

子グマはその後、再び姿を現し、市の職員がもう一度山に放したという。
(テレビ西日本)