太田光、松本人志からの“土下座強要”事件を回顧?「掘り返すな…」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

太田光

(C)まいじつ

8月7日に放送された『爆笑問題』太田光と講談師・神田松之丞の冠バラエティー『太田松之丞』(テレビ朝日系)内で、太田が〝苦い過去〟を掘り起こしたと話題になった。

この日、番組には視聴者から「すぐ謝る人をどう思うか?」との質問が寄せられ、太田は「謝ってますよ! 俺だって散々いろんな人に謝ってきましたよ」と、何やら意味深にコメント。すると、神田も意味ありげな笑みを浮かべながら「土下座なんて、太田さんもいろいろしてきたでしょうけど」と返し、太田は「掘り返すな…」「してません!」と、おどけながらも動揺した様子を浮かべていた。

2人が想像していたのは、かつて『ダウンタウン』松本人志と太田の間に報じられた〝土下座強要事件〟だろう。

「もう20年以上前になりますが、太田が自身のコラムで『アディダスを着過ぎ』『アディダスの広告塔かよ!』と松本のファッションをイジったところ、松本が大激怒して『爆笑問題』を楽屋に呼びつける事件があったといわれています。そこには東野幸治や今田耕司といった〝一派〟も勢ぞろいで、問題のコラムが書かれた雑誌を投げつけた揚げ句、『今すぐ芸能界を去る、そこのパイプ椅子で殴られる、この場で土下座する』との三択を迫ったとか。結局、2人は土下座して許しを得たわけですが、以降『ダウンタウン』と『爆笑問題』は共演NGとなってしまいました」(お笑いライター)

 

都市伝説的な扱いも、どうやら〝ガチ〟のようで…

これは当事者しか知り得ないため。真偽の程は不明だが、同事件は週刊誌等でも密かなネタとなり、今では半ば都市伝説的な形で多くのお笑いファンの間で語り継がれている。そんなところで、今回、太田が意味深な発言をしたことに、

《都市伝説のたぐいだと思ってたのにな この反応ガチじゃん》
《太田と今田は普通に仲良いのになぁ》
《松本の小ささを象徴するエピソードだよな》
《太田みたいのはどこまでも調子に乗るからクギ刺してやった松本はむしろ親切だろ》
《本当にあった出来事だったんだな》

など、これが〝事実〟であったと認識する声が広がった。

「大御所同士が確執を乗り越えて夢の共演を果たした2014年の『笑っていいとも!』グランドフィナーレでさえも、浜田雅功が太田にツッコむ場面はあれど、松本と太田が絡む場面はほとんどナシ。一応、後日談では『いいとものときに裏で感謝を述べ合っていた』といわれていますが、その後も共演はゼロ。また、17年のテレビ番組では、太田がビートたけしから『松本人志嫌いなの?』と茶化され、『大っ嫌いですよ、言わせるなよ。問題になるんだからさ』と動揺していました」(同・ライター)

2人の口から真相が語られる日は来るのだろうか…。