キスマイ北山宏光、“年相応に見られない”悩みに持論を展開「得するのは我々童顔」

©株式会社ドットレンド

Kis-My-Ft2の北山宏光と玉森裕太が8月7日放送のラジオ『Kis-My-Ft2 キスマイRadio』(文化放送)に出演。北山が年相応に見られないことについて持論を展開した。

この日の放送では、リスナーから身長が低いため、年齢よりも幼く見えるという悩みが寄せられた。身長が168cmという北山はこの悩みに共感。北山は、Kis-My-Ft2のメンバーは背が高いということに触れ「俺がぺったんこのスニーカー履いて、玉森とか藤ヶ谷が結構底のあるブーツ履くと、20cmくらい差があるわけ」と雑誌撮影時の悩みを告白。続けて「並んだときたまにあっ、と思うもん。なんでお前はブーツ、俺スニーカーやねん!?って」と疑問を口にした。

メンバーの中でも童顔だという北山。年相応に見られないのは、身長だけではなく童顔も理由なのではないかと分析し「結局40代くらいになったときに得するのは我々童顔だから」と持論を展開した。最高で8個下に見られることもあるという北山に玉森は「その見られ方はすごい。顔だろうなあ」と驚いていた。