木村文乃主演の「殺人分析班」第3弾が決定!!「地上波ではできない展開を」

©株式会社東京ニュース通信社

WOWOWプライムでは11月に木村文乃主演の「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」(放送日未定)を放送することが決まった。

同作は大ヒットクライムサスペンスシリーズ「殺人分析班」の最新作で、第3弾となる今回は、遺体の首に青い花が活けられるという殺人分析班シリーズ史上、最も難解な猟奇殺人事件に挑む。さらに相棒・鷹野の異動が数日後に迫るなかでの如月塔子(木村)の自立も描かれる。1作目では新米刑事だった塔子が、本作では大きな成長を遂げる。

さらに10月6日からスタートする「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」(日曜午後10:30)にも木村演じる如月塔子が登場。1作目の「連続ドラマW 石の繭 殺人分析班」で、モルタルで体を固めて殺すという鮮烈な印象を残した八木沼雅人(古川雄輝)がいかにして冷酷な殺人鬼“トレミー”になったのかを描く前日譚となる。

木村は「お待たせいたしました! 3度目の重く熱い夏がやって来ました。皆さんの応援に背中を押していただいて、良い作品にできるよう最高のスタッフ陣と共に邁進してまいります」と気合十分。見どころについては「それぞれの部署が誇りとプライドを持って妥協することなく挑みます。海外にも負けない質感と、地上波ではできない展開で見てくださる皆さんにサプライズを贈れたらと思っています」とアピールしている。