イプサ、表情筋に着目したクリームとふき取りローションを発売

©国際商業出版株式会社

イプサは10月18日、生き生きとした生命感に溢れ、しなやかで動きのある表情美を目指す「クリーム アルティメイト」(30グラム・2万円)と、角層が硬化した肌をふっくらとした柔らかな肌へと導く「リファイニングローション」(150ミリリットル・7500円)を発売する。

クリーム アルティメイトは独自に開発した新コンプレックス成分「アミノA5GL-MUS」を配合することで、肌をぜいたくな潤いで満たし、しなやかに動く表情美を目指すクリーム。塗布後に手軽に行える独自メソッド「フェイスマッスルプログラム」で表情筋を鍛えることで、より効果的にしなやかに動く肌と生き生きと引き上がったハリ肌を実現する。

リファイニングローションは、紫外線などの外的要因により角層が硬化することに着目しており、ふっくらとやわらかな肌を手に入れるためには従来の重層化した不要な角質を取り除くだけでなく、堅くごわついた角層そのものにアプローチすることも重要だという考えの下、開発された。新たに柔らかな肌に導くアミノ酸を配合することで、不要な角層を取り除きながら堅い角層をやわらかくほぐし、ふっくらとハリのある上質な肌に導く。

また、リファイニングローションの発売に合わせ、肌測定器「イプサライザー」に角層柔軟性の度合いを可視化する新測定を導入。個々の角層状態に合わせた最適なアイテムの選定が可能となる。