高野山でろうそくまつり

10万本の光の帯

©一般社団法人共同通信社

高野山の奥の院で開かれた「ろうそくまつり」=13日夜、和歌山県高野町

 霊場高野山(和歌山県高野町)の奥の院で13日、お盆の風物詩「ろうそくまつり」が開かれ、大勢の参拝者らが手向けた約10万本のろうそくの火で、約2キロ続く石畳の参道が埋め尽くされた。

 午後7時から奥の院の入り口や参道各所でろうそくが配布され、参拝者は次々と火をともして参道両側に立て、先祖の霊に手を合わせた。

 光の帯となったろうそくの明かりは、そびえ立つ杉の巨木や20万基を超える墓石群を淡く照らし、聖域とされる一帯は幻想的な光景となった。