袖ケ浦市総合防災訓練 大地震を想定した総合防災訓練を行います

千葉県袖ケ浦市 広報そでがうら2019年8月1日発行 第963号

©株式会社VOTE FOR

市では、大地震を想定した総合防災訓練を地域住民、自主防災組織、自衛隊、防災関係機関などと協力して行います。
災害時に被害を減らすためにはどうしたらよいか知識を身に付け、もしもの時に備えましょう。当日は自由に見学ができますので、お越しください。

日時:8月25日(日) 午前10時~
※雨天決行。ただし、気象警報の発表またはそのおそれがある時は中止。
場所:蔵波小学校グラウンド・体育館

▽訓練の内容
シェイクアウト訓練、災害時要援護者安否確認、災害対策本部設置・活動、情報収集、現地災害対策本部・救護所の設置、避難所応急危険度判定、避難勧告・避難所開設、福祉避難所への移送、炊き出し、初期消火、人命救出、延焼防止、道路復旧、応急復旧、応急資器材搬入設置・救援物資輸送、給水・給食、災害に備えた実技ほか

→︎市備蓄品展示、防災情報掲示、防災資機材などの展示も行います。

■防災行政無線でサイレンを鳴らします
訓練当日の午前10時に、防災行政無線から市内一斉にサイレンが鳴ります。実際の災害などと間違えないようご注意ください。

■自主防災組織とは
自主防災組織は、自主的な防災活動を行うことを目的として、自治会などが中心となり、地域住民で組織するものです。
市では、自治会などに対し、自主防災組織づくりを勧めています。自主防災組織には、申請により、市から防災資機材を貸与します。

■シェイクアウト訓練(いっせい行動訓練)を行います
シェイクアウト訓練では、指定された日時に、それぞれの場所で地震から身を守るための3つの安全行動を約1分間行います。訓練開始の合図は、防災行政無線と生活安全メールでお知らせします。

□訓練参加には事前登録をお願いします
登録方法:FAX、または市ホームページから登録してください。用紙は、市ホームページからダウンロードできます。

□地震から身を守るための3つの安全行動(日本シェイクアウト提唱会議)
・まず低く(DROP!)
・頭を守り(COVER!)
・動かない(HOLD ON!)