フォトレポート

千葉県袖ケ浦市 広報そでがうら2019年8月1日発行 第963号

©株式会社VOTE FOR

◆社会を明るくする運動
「市内の駅前で啓発活動!」

7月1日に、袖ケ浦・長浦・横田駅の駅前で、社会を明るくする運動を行いました。これは、犯罪や非行のない安全・安心な地域社会を築くための取組みの推進と、犯罪や非行をした人たちの立ち直りの支援を目的に啓発活動を行うものです。
当日は、保護司会、更生保護女性会、袖ヶ浦高校ボランティア同好会など45名が参加しました。

□保護司会
法務大臣から委嘱を受け、保護観察官と協力して活動しています。
過ちを犯した人たちの立ち直りの支援、犯罪や非行の防止に関する助言や指導、啓発活動などを行っています。

□更生保護女性会
女性の立場から、犯罪や非行を未然に防止するための啓発活動を行います。
また、過ちを犯した人たちの更生に協力することで、犯罪や非行のない明るい社会の実現を目指しています。

問合せ:地域福祉課
【電話】0438-62-3157

◆通学合宿(平岡公民館)
「仲間との忘れられない思い出」

7月7日〜9日に平岡公民館で通学合宿を行いました。
平岡地区住民会議名幸ヶ丘の会の主催で行い、当日は平岡小学校5・6年生が公民館に宿泊し、自分たちで食事作りや学習などを行いながら学校へ通いました。

問合せ:平岡公民館
【電話】0438-75-6677

◆自然体験学習(昭和小学校)
「2泊3日で非日常を体験!」

7月4日〜6日に昭和小学校の5年生が、南房総市へ行きました。南房総の自然を満喫し、仲間と過ごすことの楽しさ、大切さを学ぶことができました。

問合せ:学校教育課
【電話】0438-62-3727

◆市内施設見学バスツアー
「市内の魅力を体感」

7月13日に開催し、13組38名が参加しました。
当日は、細野農園でブルーベリー狩り、ひらおかの里で園内散策や流しそうめん、ドイツ村でものづくりなどの体験を行いました。

問合せ:秘書広報課
【電話】0438-53-7522