災害への備え地域における「助け合い」の輪を!(「災害時避難行動要支援者登録制度」)

滋賀県栗東市 広報りっとう2019年8月号

©株式会社VOTE FOR

市では、災害発生時の円滑な避難のための仕組みづくりとして「災害時避難行動要支援者登録制度」を設けています。この制度は災害発生時に、自助・公助・共助のうち、共助において、安否確認や避難の手助けが地域の中で速やかに行われるように、支援を要する人に登録いただいているものです。災害時には、地域・ご近所の助け合いが大切です。日ごろから地域の人どうしの「つながり・見守り」などの「絆」づくりを進めましょう。

登録方法:所定の申請書(ホームページからもダウンロード可)を直接または郵送で社会福祉課まで提出してください。

■災害時避難行動要支援者制度とは
高齢者や障がい者などが安心して暮らせる地域づくりを目的に、災害時の避難支援を迅速かつ円滑に行うための登録制度です。
※災害時の支援を確約するものではありません。

■登録の対象となる人(在宅の人)
(1)75歳以上でひとり暮らしの高齢者、または高齢者のみの世帯
(2)介護保険の要介護1以上
(3)身体障害者手帳1・2級
(4)療育手帳A1・A2
(5)精神障害者保健福祉手帳1・2級
(6)難病
(7)災害時に自ら避難することが困難で、支援を要する人◦

■個人情報の取り扱い
避難行動要支援者名簿の提供を受けた支援者などに対しては、災害対策基本法などにより、守秘義務が課せられています。

■災害時に支援が受けやすくなります
1.申請
避難行動要支援者→市役所(社会福祉課)

2.台帳登録、プラン作成
市役所(社会福祉課)

3同意した人の情報の提供(台帳・プラン)
市役所(社会福祉課)→地域支援者、自治会、自主防災組織、民生委員・児童委員、社会福祉協議会、警察署、消防署

4.平常時・声かけ、見守り・避難訓練など

5.災害時避難行動の支援など
地域支援者、自治会、自主防災組織、民生委員・児童委員、社会福祉協議会、警察署、消防署→避難行動要支援者