きょうの正午は熱中症の危険時間帯 福岡市が警戒呼び掛け

©株式会社西日本新聞社

福岡市は14日午前7時、同市の熱中症情報を発表した。環境省が提供する同日のWBGT(暑さ指数)予報値は正午が31度の「危険」となっている。同時間帯は外出をなるべく避けて涼しい室内に移動し、特別の場合を除いて運動は中止するよう呼び掛けた。高齢者は安静状態でも危険性が高くなる。午前9時は29度、午後3~6時は30~28度で「厳重警戒」レベル。午後9時は27度の「警戒」となっている。